2020-12-03

動画宣材制作の新企画がスタート「ニュースター発掘!わたし見つけてほしいんです」

「ブレイク直前漫才コンビ」「キレッキレダンスの小学生」「片岡愛之助さんとのコラボを夢見るダンサー」など、松竹芸能の若手タレントが参加! 映画監督、テレビプロデューサー、CMプランナー、キャスティング担当者の皆様へ向けた動画宣材制作の新企画。

テレビ大阪は、新しい才能を発掘するための動画配信企画「ニュスター発掘!わたしみつけてほしいんです」を実施。アートスクールの塾長を務めるクリエイターにタイトルロゴの制作も依頼し、幅広い拡散を目指していく。

この企画は、大きな夢を抱いて活動を続けるタレントの宣伝材料を動画で制作し、まだ知られていない才能や将来性を発掘しようと立案。第一弾としてまず、松竹芸能と連携し、関西で活躍する3組のタレントに集まってもらい、企画ネタにチャレンジしてもらった。

今回制作する動画視聴の主なターゲットは、キャスティングやコンテンツ制作、広告関係者など、動画を活用するプロのみなさま。全国各地で新しい才能を探し続けていると思われるため、まだ実績の乏しいタレントの発掘に役立ててもらいたい。

 タレントの宣材は通常、実績などを加えたテキストベースのプロフィールと、スチール写真が一般的で、動画で観ることができる場面は少ない。また放送などの実績はあっても、映像の権利は持っておらず、公に動画宣材として活用することは難しい。

 一方、ネットメディアを中心に、コンテンツや広告の世界で動画の需要が拡大する中、テレビ映りやタレントの“素の表情”などを、映像で確認したいというニーズは、今後もますます広まっていくと予想される。

テレビ大阪としても、公式YouTubeチャンネルの拡大やSNSの運用、およびその有効なマネタイズ戦略の構築など課題は大きく、さまざまな企画を模索している。そこで、今回の企画により、動画宣材の効果やその可能性を探りたいと考えるタレントと連携し、バズる配信動画制作にチャレンジした形だ。

出演するタレントは、「クイズ形式で自己紹介をする企画」や「一人で妄想芝居にチャレンジする企画」、それに「猫になりきって可愛さを表現する企画」など、自分のPRに最も適すると思われるネタを自ら選んで撮影にのぞんだ。

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します
古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください
0 お買い物カート
フリップ商品/アイテムをカートに入れる フリップされた商品/アイテム