2019-12-23

「天龍源一郎さんと武藤敬司さんの“演技対決”」をドラマ化!?

川野浩司監督が「焼肉プロレス」の制作秘話と目標について語る。

川野浩司監督 

(ドラマ「焼肉プロレス」など)

 

福岡県で暮らしていた時から

ずっとプロレスが大好きだった。

試合も数多く観戦した。

 

観客席から見ていた憧れのレスラーと

役者と監督という立場で関わることができた。

ドラマ「焼肉プロレス」には、川野浩司監督の

溢れんばかりのプロレス愛が込められていた。

 

~武藤敬司さんの名言に鳥肌~ 

中でも、武藤敬司さんとの“競演”については

まさに万感の思いがあった。

 川野浩司監督には、撮影中、

鳥肌が立つほど感動したシーンがあった。

 

舞台となる焼肉店の店主、

宝篠竜司役を演じた武藤敬司さんのセリフ。

「プロレスはゴールのないマラソンなんだ」

実はこのセリフ、当初、脚本にはなかった。

武藤敬司さん自らが、この言葉を

本番で使ってくれたのだ。

 

  ~オリジナル作品への挑戦~

連続ドラマで、

オリジナル脚本で制作される作品は

そう多くはない。

企画のスタートは

「プロレスの魅力をドラマで表現したい」という

スタッフ達の思いだった。

しかし原作ではなかなか適した作品が見つからない。

 

プロレス愛に溢れたスタッフたちが集まり、

オリジナル作品への挑戦が始まった。

その中心にいたのが、

ずっとプロレスを愛し続けてきた

川野浩司監督だった。

 

~プロレスの自由な部分をドラマに~

川野浩司監督は言う。

「プロレスひとつとってもさまざまなジャンルがあり、

また反則が5秒以内なら許されるという特殊なルールもあります。

そんなプロレスの自由な部分をドラマにしたかったのです。」

 

実際、NGシーンが本編で使われていたり、

出演者のアドリブを求めて、

ひとつのシーンを想定より長く撮影したり、

通常のドラマ制作とは少し違う雰囲気があった。

 

川野浩司監督の言葉を借りれば、

「プロレスの自由な部分」を

ドラマでも表現した結果なのかも知れない。

 

 

~憧れの武藤敬司さんとの”競演”~

川野浩司監督にとって、

武藤敬司さんは憧れの存在だった。

出身地は福岡県。

学生時代、福岡ドームなどで

一ファンとしてプロレスの試合を観戦していた。

 

そんな思い入れのある武藤敬司さんとの仕事だったが

監督としての演出に妥協はなかった。

 

武藤敬司さんから、撮影シーンなどの質問を受け、

監督としてしっかりと答えた。

 

それだけに武藤敬司さんが発した

「プロレスはゴールのないマラソンなんだ」

というセリフが嬉しかった。

 

プロレス愛に溢れた素晴らしいドラマを作るために

お互いがお互いの意見を出し合い、

切磋琢磨する。

 

もしかしたら川野浩司監督の想いが

プロレス界のレジェンド武藤敬司さんに通じたからこそ、

自らの大切な名言を、

ドラマの中で使ってくれたのかも知れない。

 

~武藤敬司さんが”紙テープ”を投げる!?~

ドラマの第一戦。

主演の加藤諒さんが、

初めて店にやってくるシーンがある。

このシーンでは、加藤諒さんに紙テープが飛んだ。

 

実は、この紙テープ、

武藤敬司さんも飛ばしていた。

いつもは紙テープの中にいる武藤敬司さんだが、

自ら飛ばしたのは初めての経験だったそうだ。

 

ずっと武藤敬司さんのファンだった川野浩司監督、

加藤諒さんの演技ではなく、

武藤敬司さんの飛ばす紙テープだけしか

見えなかったと笑っていた。

 

~天龍源一郎さんvs武藤敬司さん~

川野浩司監督は、

これまでプロレス関連の主な仕事として

2017年2月に公開された

天龍源一郎さんのドキュメンタリー映画

「LIVE  FOR  TODAYー天龍源一郎ー」

で監督を務めていた。

 

天龍源一郎さんの作品に続いて、

「焼肉プロレス」では武藤敬司さんと競演。

「次は、二人の演技対決もドラマ化してみたい」と夢が広がる。

 

福岡で育ち、プロレスへの愛情をずっと持ち続けてきた

川野浩司監督。

プロレスファン自ら

プロレス愛に溢れた作品を残した。

 

ドラマ「焼肉プロレス」の川野浩司監督の姿からは

夢を追うことの大切さなど、

数多くのことを学ぶことができた。

 

 

川野浩司監督とビジネスで関わりたい方は

こちらのサイトからもお問い合わせください。

 Dream BIZ Studio編集部 (テレビ大阪経営企画局デジタル新規事業部)

お気に入り

ブラウザーのアップグレードを推奨します

古いバージョンのブラウザからは一部機能が使えない場合がございます。ブラウザのアップデートを行ってください。
下記のリンクからブラウザをアップグレードしてください